『Angry 12 civilians』 自ツイートまとめ

久々に、観てきてすぐにブログをば。
といっても、日付は変わってるしツイートまとめなんですが。
家に帰ってお布団に入るまでが「観劇当日」。
まいくろです。

疾駆猿 第弐回短期公演
 『Angry 12 civilians』を観てきました。

原作 : レジナルド・ローズ
脚色・演出は、疾駆猿の佐藤信也さん。

2015年4月に、
疾駆猿名義ではないけど佐藤さんの脚色演出&別キャストで
(そのときは『Angry12』というタイトル)で観ている
「12人の怒れる男」です。

で、過去の記憶によると
この話には12人の陪審員役のほかに、
あと2役、登場人物の枠があったんです。
てっきり脚色・演出の佐藤さんが(役者もする方)やるんだろなーって。

そしたら1月の半ばにゲストの出演が発表されて、
日曜のゲストに音野くんの名前が。

「え、この週の月曜に無頼組合の公演が終わるんですよね…?」
と目を疑いましたが、出るってことは本人がやるって決めたからでしょうし、
やるからには半端な芝居する人じゃないし(過去の経験上)、
じゃあ観るの、この日にしーようっ☆ と決定。
(観劇日をぎりぎりまで悩んでて、結果オーライでした)


会場は、行き慣れた新宿眼科画廊。
疾駆猿公演でこの場所だと、やっぱり2面舞台なのかなぁなんて思って。
どうせ上京するなら2回観ちゃえということでマチソワ。
(11:30と15:00公演だったらマチジュル…?)


―ある殺人事件の判決にあたり、12人の陪審員が個室で話し合うことに。
裁判での様子から「被告人の有罪」で全員の意見は一致し、
話し合いは短時間で終わるかに思われました。

しかし、ひとりの陪審員が
「彼は有罪ではない可能性がある」
「人一人の命がかかっている、議論を尽くしましょう」
と言い出して…―

上演時間2時間。
有罪11、無罪1から始まる「合理的疑問」をめぐる12人の会話劇。

有罪・無罪が入れ替わる鮮やかな展開と、
人間の醜さ・弱さ・滑稽さ、そして人間の意志の強さを思い知る作品でした。

いろんな役者さんで観てみたい作品です。




↓ 以下、自ツイートの転載。(※)はブログ掲載時の追記

スポンサーサイト

MORE »

 | HOME | 

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)