スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月17日生まれのおとこのこのはなし

本日は9月17日です。

久々にブログ更新してこりゃいったい何の日かというと、
西田さんの脚本・演出作品
『武士白虎 ~もののふ白き虎~』という、
パッと見モフモフした感じのタイトルのお芝居の初日であります。

ドレメン男子&ドレメンじゃないけどおなじみ男子達も出演です。
銀河劇場というでっかい劇場で、どれだけみんな暴れるんだろうか。

そんなことを思いながら、まいくろです。


で、9月17日はあれですね。

「本命くん」こと竹内諒太くん、お誕生日おめでとうございます。

ついに さんじゅっさい かぁ…

「男は30歳からが本番」が持論です。
見た目だけではごまかせなくなってくる時期。
今までの人生が第一印象でにじみ出てくるお年頃ですね。

この記事のタイトルに「おとこのこ」なんていう表現使ってますが
私と本命くんはそんなに歳の差があるわけではなく。
ただ、どうも役者さんは出会った時の年齢の印象が強くてですね。


私が初めて、ちゃんと自分の足で劇場に行って「観劇」したのが
ANDENDLESSの『BIRTHDAY』という作品。
そこに、ワークショップを経て
「劇団員(アンドレメンバー=ドレメン)」として
初めて舞台に立っていたのが本命くんです。

(卒業公演とか『シンクロニシティ~』とか、
 WS生の立場で舞台に立ったことはあったみたいだけど
 当時の私はそんなことは知りません。そもそも彼が新人団員ってのも後で知った)

こちとら初観劇。
みんなベテランの役者さんだと思って観てましたところ、
なんか一人すっごいドタバタ走ってる子がいるぞ、と。

叫んでるわけじゃないけど、よく通る声(まくろは後列での観劇だった)、
アルカード(西田さん)を慕う年若いヴァンパイアという役柄もあるんだろうけど、
全力で感情表現してるなぁ…ってことで、やたらその子が目について。

別にね、どんくさかったわけじゃないんです。
ただもう、なんていうか、すっごい必死だった。
映像だと伝わらない熱さがあった。
この「芝居」っていう世界は、
こういう人が報われる世界なんだな、と、思ったものです。

最初に好きになった人が本命くんだったから、
たぶん私は今でも「芝居」にそれを信じてるんだと思います。


観劇後に、ファンクラブ登録して。
好きな役者さんからバースデーカードもらえる特典がありますよっていうから、
あのドタバタ君を指定しました。
そして9ヶ月後、
なんかすごい必死な誕生日おめでとうメッセージカードをいただきました。
あれから、カードが印刷+サインになるまでの諸々は、私だけの財産。

出会いが2006年1月だから、もうすぐ10年になるんだな。
そう思うと感慨深いです。


ここ数年はアンドレ…というか西田さんが外部で脚本演出だったり、
大きな劇場でやったり、私も好きなものが増えたりで、
本命くんが出てるの全部観るってのは難しくなったなぁ…
自分なりの線引きをして、去年の誕生日以降に観た本命くんは

2014年
9月『RUSTRAIN FISH』
12月『RE-INCARNATION RE-VIVAL』

2015年
2月『桜の森の満開の下』『仄々明晰夢』
5月『四谷怪談』
7月『ひと夏のアクエリオン』

あと、ライブビューイングを見ましたね。BASARAの。

晴れ晴れとした笑顔を「恐ろしい」方向でも使うようになったなぁ、という。
ただ、今でもピュアな部分はピュアに演じている(岩とか)ので、
そういう意味で幅広くなっているのを観るのが楽しいです。


そしてこれは予定ですが、11月の
DisGOONie Presents 「From Chester Copperpot」
『The Tempest』『Cornelia』『NEW WORLD』。
(コーネリアにはキャストとして名前出てないけど、
 ストーリーが以前と変わらなければアンサンブルで出そうではある)

12月はリンカネあるっていうし。本命くん出ないわけないし。

確かに、本命くんに対する「好き」の種類が、
出会った当初の「好き」とは少し変わったなぁという自覚はあります。
でも好きなのは好きなんだからしょうがない。
変わらずの殿堂入りです。

私は、諒太くんが今年も健康で心からお芝居を楽しんで、
客席や共演者の心を揺らしてくれればそれだけで幸せを感じれる生き物なので。

尊敬してやまない西田さんの作品が、自分の誕生日に初日。
いいなぁ、すごく嬉しいだろうなあ(*'▽')
今年も諒太くんにとって良い1年になりますように。
スポンサーサイト

彩遊戯の落チ語リ『ほらふき写真』のこと

9月の頭に観てきたものをアウトプット。
まいくろです。

今回は彩遊戯の落チ語リ『ほらふき写真』の思い出し雑記。
音野くんの縁で知った、彩遊戯。
落語と演劇のいいとこどり。

阿佐ヶ谷の隠れ家的蕎麦屋さん「やの志ん」にて。
ワンドリンクならぬ、ワン蕎麦付きチケットでした(笑
終演後にふるまれたお蕎麦、
歯ごたえありつつもスイスイのどを通って、つゆもしっかりとした味で好み。


今回の「落チ語リ」は、
幕末の写真家(当時は「写真師」と呼ばれた)、
下岡蓮杖(しもおか・れんじょう)の話。

元々はこの方、画家だったのです。
あの「狩野派」に弟子入りして、
絵師としての名前ももらってました。
しかし、ある日「銀板写真」という技術と出会ってしまい、
彼は筆を折り、写真師への道をひた走ることに。
そんな彼と、彼を支え続けた妻「おみつ」の話。

↓ ネタバレ&長文につきおりたたみ。

MORE »

今更ですが『中田さんとおるすばん』のこと


月がきれいですね。
まいくろです。

さて、大阪まで結局持っていって夜バス明けで書いてた
9月12日ぶんの観劇雑感を投下します。

toi presents 7th
『中田さんとおるすばん』のこと。

この公演を観に来たきっかけは、
同じ日に観劇上京(こりっち記入済みの『よみ人シラズ』)があったこと、
時間も会場の場所もハシゴ観劇が余裕で可能だったこと、
十七戦地の北川さんが出演だったこと、
そして会場が、劇場とは違う場所だったこと。
公演情報を見て、会場の場所を調べてテンションがあがりました。

吉祥寺には何度か観劇に来たことがありますが、
今回は初めての場所。
「CLOSET」という、古民家リメイクギャラリー。
外見は、完全に誰かの自宅です(笑

中道通りを歩くのは、この日が初めて。
キャストさんがツイッターで
写真付きの道のりを紹介していてくれて助かりましたねぇ。
開場時間になったらさらに
スタッフのおねえさんが中道通りの曲がり角に立っててくださって、
さらに安心。

上演時間は65分くらい。
15人分の客席は全部ザブトンで、部屋の壁3辺を囲む感じ。
日常の景色に
ちょっと違う物がチョコッと加わるような作品集だったので、
風で窓がカタカタしたり、
外の音が聞こえるのも日常と地続きでいいあんばいでした。

私が観た日はちょうど吉祥寺の秋祭りの日で、
タイミングによっては会場の前の道をおみこしが
「わーっしょい、わーっしょい」って通るかもしれない、と。
その旨が観劇前にメールで来て、開演前にもその話をされて。
「昼の回は、中断してみんなでおみこしを見ました」とか(笑

そもそも前説からして
「時間より少し早いけど、
 みなさんお揃いになったので始めちゃいましょうか」
って始まりかたでした。
そんな、ほのぼのゆるっとした感じも、似合う空気。


タイトルから
「中田さんがお留守番してるところにいろんな人が来る話」
だと思ってたら、全然違ってて。
 
笑いのツボが変なところにチョコチョコあって、
すごいニヤニヤしながら観てしまいました。



 以下、ネタバレ長文。

MORE »

 | HOME | 

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。