彩遊戯の落チ語リ『初花の茶、雪消の酒』

平日夜ですが夜更かし。
まいくろです。

確実にに観劇本数は減らしてるのだけど、
気づくとほぼ毎週電車乗って芝居観に行ってる気がします。
おかしいな…(笑

さて、先週12日マチネで観た作品

彩遊戯の落チ語リ『初花の茶、雪消の酒』の話です。

まいくろが「落チ語リ」と出会ったのは2015年。
(落チ語リ自体は2012年からやってたみたいです)

「落語にしては、動きすぎ
 芝居にしては、役を兼ねすぎ
 朗読にしては、本がない」

そんな、芝居と落語、両方のイイトコドリな企画。

上演時間は1時間程度で、
登場人物全員を、主宰の鈴木彩子さんが演じます。
登場人物数は作品によって変動しますが、
名前が出てくるメインキャラだいたい4~8人+ガヤの人+ナレーションって感じ。

世間話から始まって、「ふっ」と本編に入る感じはまさに落語。
でも、高座に座りっぱなしではなく、
降りて歩きだしたり飛び回ったり、
小道具や身体全部を使ってお芝居もしちゃう。
衣装変化やウィッグも使わず、別人になる様はもう、見事というしか。

彩遊戯メンバーの黒子さんや橋本さん、
どてらい堂のおにいさんが視覚・聴覚・味覚の各方向から彼女を支え、
彼女は毎作品、自身のパフォーマンスを最大限発揮します。

公演日は1作品だいたい1回こっきりのレア企画。
ありがたいことに、ほぼ毎作品観劇できています。幸せ。



今回の落チ語リは鎌倉時代の話。
幕府の「将軍」として生きることを運命づけられた
三代将軍実朝(さねとも)の、
将軍として生きるが故の幸せや苦しみ、
苦しさをちょっとだけ忘れさせてくれた酒と、
それによってもたらされたへヴィな二日酔いを癒した、
「禅じい」の持ってきた苦いお茶と優しさの話。


彩遊戯サイトの公演情報に載っていた文章(イントロダクション?)で
すでに実朝は二日酔いべろんべろんだったので、
若き将軍とじいちゃんのほんわか会話劇になるのかと思いきや…
彼が加持祈祷でも癒されない二日酔いになるまでの過程が7割でした。


実朝と懇意にしている和田一族。
和歌友達の朝盛、幕府成立の立役者で、昔語りをしてくれる義盛。
義盛の息子たちが幕府への謀反計画に参加したということで、
実朝と和田一族との関係はギクシャク。
義盛の嘆願により、息子たちは赦免され、日常に戻れるかと思いきや。

両者の間に決定的なヒビを入れたのは、
実朝が成長することで政治的権力を失いかけ焦った、実朝の後見人。
叔父の北条義時です。
和田一族の力を削ぐために和田一族が幕府に弓を引くように挑発。
将軍にばれない程度に、和田家のメンツに泥を塗るようなことを、陰でコソコソ。

幕府から義時を除こうと、和田一族は挙兵。
ですが、将軍の実朝が義時の庇護下にあるいじょう、
この戦いは幕府への謀反とみなされてしまいます。
戦の末、和田一族は、ほぼ滅亡。

大好きな人たちを失っても「将軍」をしていかなくちゃならない実朝。
妻を愛してるがゆえに不安にさせたくなくて弱音を言うこともできず、
母譲りの「ぎりぎりまで自分の中で抑え込んでしまう」癖が発揮されて
一人酒して深酒からの二日酔い。


「幕府に弓は引けない、でも家の者たちを裏切ることもできない」と、
その両方を手放して「出家する」という結論を出し、
開戦前に最後の別れをするために実朝に会いに来た和歌友くんに、大泣きでした。

彩子さんは言葉を発する前から
「その後」を予感をさせる顔をしていましたので。


下戸なくせにおつまみ付きチケットを買い、
どてらい堂さんお手製の蒸し鶏&蒸し野菜をもぐもぐして、
(開演前にゲットしてすぐ食べたあたたかいのも、終演後のさめてからのも美味!)
彩子さんの、相変わらずの演じ分けの速さに見惚れ、
「和田合戦」を含む緊迫のストーリー展開にドキドキハラハラ、
登場人物たちの心情を思って、涙、涙。

拍子木の音で場面切り替えの効果は今までの作品でもありましたが、
彩子さんが登場人物になっている状態で「カン!」と鳴り響き、
場面が切り替わるその無情さを強く感じました。

高座を降りて会場内を歩いて、
戦場の兵の進みや「神の鏑矢」の威力を見せたり等、演劇要素も。

合戦中、特に神の鏑矢のくだり。
「神社に戦勝祈願の和歌を奉納して何の意味があるのか…」てな、
発する言葉自体は「ナレーション」で「彩子さん」の言葉なのですが、
彼女の表情や動きは戦場にいる武将たちで。
弓で射抜かれながら
「(前略)神頼みもばかにしたもんじゃない」という感じのナレーション。
文字のみ見れば軽妙な口調で読みたくなってしまうような文章でした。
でも、口はナレータ―の役目をしていますが
彼女の身体は声を含めて「戦場」にあり、
あの時点では「和田家側の人」だったので
ひどくシリアスに…もはや、とても皮肉な言葉に聞こえました。

そういうところが、落チ語リならではの効果だなぁって。



次回の落チ語リは8月26日(土)。
演目などの情報はサイト等で後日公開されるそうです。

よほどのことがない限り、次も行く予定。


↓ 以下は、自分のツイートまとめ。
(「ふせったー」追記機能で投稿した長文も含む)

スポンサーサイト

MORE »

 『Angry 12 civilians』 自ツイートまとめ

久々に、観てきてすぐにブログをば。
といっても、日付は変わってるしツイートまとめなんですが。
家に帰ってお布団に入るまでが「観劇当日」。
まいくろです。

疾駆猿 第弐回短期公演
 『Angry 12 civilians』を観てきました。

原作 : レジナルド・ローズ
脚色・演出は、疾駆猿の佐藤信也さん。

2015年4月に、
疾駆猿名義ではないけど佐藤さんの脚色演出&別キャストで
(そのときは『Angry12』というタイトル)で観ている
「12人の怒れる男」です。

で、過去の記憶によると
この話には12人の陪審員役のほかに、
あと2役、登場人物の枠があったんです。
てっきり脚色・演出の佐藤さんが(役者もする方)やるんだろなーって。

そしたら1月の半ばにゲストの出演が発表されて、
日曜のゲストに音野くんの名前が。

「え、この週の月曜に無頼組合の公演が終わるんですよね…?」
と目を疑いましたが、出るってことは本人がやるって決めたからでしょうし、
やるからには半端な芝居する人じゃないし(過去の経験上)、
じゃあ観るの、この日にしーようっ☆ と決定。
(観劇日をぎりぎりまで悩んでて、結果オーライでした)


会場は、行き慣れた新宿眼科画廊。
疾駆猿公演でこの場所だと、やっぱり2面舞台なのかなぁなんて思って。
どうせ上京するなら2回観ちゃえということでマチソワ。
(11:30と15:00公演だったらマチジュル…?)


―ある殺人事件の判決にあたり、12人の陪審員が個室で話し合うことに。
裁判での様子から「被告人の有罪」で全員の意見は一致し、
話し合いは短時間で終わるかに思われました。

しかし、ひとりの陪審員が
「彼は有罪ではない可能性がある」
「人一人の命がかかっている、議論を尽くしましょう」
と言い出して…―

上演時間2時間。
有罪11、無罪1から始まる「合理的疑問」をめぐる12人の会話劇。

有罪・無罪が入れ替わる鮮やかな展開と、
人間の醜さ・弱さ・滑稽さ、そして人間の意志の強さを思い知る作品でした。

いろんな役者さんで観てみたい作品です。




↓ 以下、自ツイートの転載。(※)はブログ掲載時の追記

MORE »

『エンジェル・フォール騎士』 自ツイートまとめ

ツイートと配役をまとめて脳みそパンパンから少しずつ復帰しております。
まいくろです。

そう、今年は回数減る分、配役を残しておこうかと思ってるんです。
役者さんの名前でこのブログを検索したら、
わたしが前に観たことある人なのか否かが分かるように(笑

で、2泊3日大阪→東京観劇ツアー
2日目の夜公演(ソワレ)と3日目は

無頼組合
『エンジェル・フォール騎士(ナイト)』でした。

ハードボイルドでちょっとおバカ、
その名も「ハー【ト】ボイルド」な「騎士(ナイト)シリーズ」9作目。

音野くんが出演ということで知って、
これは結末まで見届けたいなと思っているシリーズ。
ありがたいことに音野くんは初客演からずっと出演されていて、
まいくろ好みのいい役ばかりなので、大変ごちそうさまです。

劇中、役を取っ払ってみんなで歌い踊る、
この団体独特の「カオスシーン」演出にも、もう慣れっこ。
歌って踊る(しかも前の方で)音野くんは、
たぶんこの団体でしか見れない気がします(笑


上演時間は休憩なし2時間。
「どっちに進むのが正しかったんだろう」と悩んでしまうような
ちょっと苦いストーリー展開でした。
次回がシリーズ完結編ということで、シリアス展開が多めです。

今回は物販で過去作のDVDが販売されていて(1作2000円)、
駅前のアップルパイ買って帰るつもりだったのにDVDにしてしまいました。

騎士シリーズ最終回となる次回公演は、
12月8~11日。同じくシアターKASSAIだそうで。
今回のラストがかなり衝撃的なところで終わったので、
どう完結するのかとっても気になります。


↓ 以下、自ツイートの転載。

ツイートした際に伏字だったところも解除しています。
(※)は後日追記ぶん

MORE »

 | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)