本命くんのお誕生日ですよ。

観劇の合間に仕事をしていますよ。
まいくろです。

日付かわりまして、本日9月17日。
西田さんが何か情報解禁があるってツイートしてました。
なんだろうなんだろう。

そしてですね、9月17日は
Office endless所属俳優
ANDENDLESS団員 竹内諒太くんのお誕生日です。
お芝居を観はじめてからというもの、
ずっとこの人は、まいくろの「本命くん」。
おめでとうございます。
気付けば、さんじゅういっさい!
男は30過ぎてからが本番です(笑


少年役&天然素材な役が多かったですが、
最近はすっかりお髭をはやして、
ボス顔の似合う本命くん。

最新出演作『瞑るおおかみ黒き鴨』では、
アンサンブルとしてクレジットされてますが、
教科書にも載ってる「あの人」として登場する場面も。
「あの人」としての台詞のあるシーンでも好きなのですが、
個人的には舞台下手側で
威厳ある姿を見せてくれるシーンが好きです。
私、あぁいう芝居が好き。
舞台の上で視線と空気を持っていく感じ。

あと、それより前に、
名は語られない人物の役ですが、
すっごい可愛らしいシーンがあるんです。
まだまだ愛らしさも健在です。


『ジーザス・クライスト・サムライスター』の茶坊主は、
前回演じていた役者さんがふりまいていた
あのものすごい個性の真似事にならずに、
本命くん独自のズレた感じをぷんぷん醸してくれてて、
言うなれば「ウザカワ」でした。

毎年恒例(今年はあるのかな?)の
『リンカネ』シリーズでは、
強いけど一貫してマイペース、ど天然の楽進役。
パンフレットやサイトには「楽進」と書いてあるのに、
ある作品の作中ではどう見ても岩で、
終演後ロビーやネット上で「楽進ってどこ!? だれ!?」って声が聞こえたのも
ギリギリラインの面白さでしたね。
斬馬刀みたいなでっかい武器、アレ好き。
振り回してるときも好きなんですが、
戦い終えて、アレを手慣れた感じでわきにひかえさせるところが人刀一体だなーって。

『 Sin of Sleeping Snow 』では最強と名高い武将、本多忠勝 役でした。
まさかのサラツヤロン毛に、
ビジュアル解禁時には心ざわつきました(笑
作中では、家康とのちんまりコンビが似合ってて。
できたら彼らの幼年期とあの髪型のわけを知りたかった…(笑


とまあ、正直にいうとですね、
私が観てるタイミングのせいか
なんか本命くんは
「出オチ」の役割を任されてるのが多くって。
(それを逆手に取って…って役も多いですね。油断はできません)
たしかにあの独特の間&雰囲気は本命くんしか持ち得ない魅力で、
客席を笑顔にしてくれたり肩の力をゆるめてくれたりで、なくちゃならない存在だし、
なにより舞台上で彼が笑顔なのを観るのが楽しいんです。

でも、そんな彼を観て楽しみながら、
心の隅でいつも
「本命くんの芝居でがっつり心奪われて
泣いたり怯えたり、心を震わせたいなぁ…」
と思っちゃっている自分に気づくんですね。
これは完全に私のワガママで、
涙が最高の感激行為って訳じゃないし、
笑いを軽視する訳じゃないけど、
「この人、こんな表情するんだ!?」っていう新鮮な驚きが欲しいな、って。
だから作品としては怖いし苦手だけど、『四谷怪談』の本命くんが、役者としては一番好きな姿。
いまでも思い出してゾクッとできるいい芝居でした。

だから、
『つむかも』の例のシーンの、あの立ち姿好きだなぁって思いました。
笑い一切無し、
容赦のない、迷わないあの表情と姿勢。

本命くん誕生日前の最新がアレでよかったーって思いました。


最近の本命くんに関しては、
ファン公言してた初期の
「カッコいい、可愛い、スキスキ!」ってよりも
「あの人が生きてるだけで幸せ」状態(←極端な表現)なのと、
役者っていうより
「西田さんの世界を生きる俳優」
という認識が近いので
色々思うことや願うことありつつ、
こうやってブログにぽろっとこぼしつつも、
「舞台の上から客席にくれるものを受け取りにいく、それで完結♪ 好き♪」
ってつきあい方で落ち着いてる感じです。

あらためて、
お誕生日おめでとうございます。
今年もたくさん観れたらいいなぁ。
スポンサーサイト

無頼組合『スタンダード・ディ騎士』役別雑感 3

『スタンダード・ディ騎士(ナイト)』
各話ごと役別雑感、ラストです。

これは8月中には書き上げておきたかったので、
一応ギリギリセーフだな…



『101ストリートジャズ』
ラジオから流れるDJの声が告げる、
夜更けのサウスベイシティの気温は桁外れ。
私立探偵の風吹淳平と鶴田紅のふたりは、
某会社に出入りする人間を監視してくれとの依頼を受けて、
ビルの向かいにあるバーで張り込み中です。

もうすこしで今日の依頼も終わり…というところで、
依頼者から電話がかかってきます。
「今までやってもらっていたのはフェイクだ。
 君たちが今いるバーの店主、彼女を店から出さないでほしい」
風吹は依頼の正確な意図を確かめるために依頼者の元へ。
紅ちゃんはいつものメンバーをバーに呼んで話をし、
風吹の戻りを待ちつつ間を持たせる作戦に。

なぜ依頼主は、彼女を店から出したくないのか?
探偵としてはスタンダードな依頼から始まった、暑い夜の話。



↓ ネタバレ注意!

MORE »

無頼組合『スタンダード・ディ騎士』役別雑感 2

無頼組合の「騎士シリーズ」本編の次回作は来年1月27(金)~30(月)。
池袋のシアターKASSAIだそうです。
こんどの公演でシリーズ最終回のはずでしたが、
最終回は延期になったそうです! まさかの展開(笑

引き続き、『スタンダード・ディ騎士(ナイト)』各話ごと役別雑感です。



『摩天楼セレナーデ』
エレベーターに乗って高層ビルのレストランに向かっているのは
騎士シリーズレギュラー、元ヤクザの南雲(なぐも)。
探偵をやっている友人、風吹とよく小競り合いをしている
刑事(西園寺静香&その部下、権堂一志)から呼び出されました。
彼らには、自分のあれやこれやな過去ネタを掴まれているので、
呼び出しの理由はわからないけど、むげに断るわけにもいきません。

いつものようにぎゃあぎゃあわめく二人の話を総合すると、
「西園寺の母が来るので、婚約者役をやってくれ」との事。

来て早々に口喧嘩をする母子を
隣のテーブルでひっそりと監視している権堂は、
西園寺母の連れの男に見覚えを感じ、記憶を掘り起こします。
そして至った結論は、指名手配中の詐欺師…!
ビルを揺るがす、親子愛の話。



↓ ネタバレ注意!

MORE »

 | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)